ネットショップを立ち上げ

リスクはあるがリターンは無限大!

「ドロップシッピングで稼ぐ」
で紹介したドロップシッピングという方法は、限りなくノーリスクに近い形でできるネットショップの運営ですが
低粗利・高送料手数料でリターンが少なく、薄利多売になりがちな副収入スタイルです。
もちろん商材や手法によって、ドロップシッピングでも大きく稼ぐことは可能なのですが、ドロップシッピングでネット販売の基礎知識がついた方は
自分のネットショップを立ち上げることをおススメします。

何を売りたいかを決めよう

初めて立ち上げるネットショップは、何かに特化した通販サイトの方が理想的です。

総合通販はすでに大手サイトに市場を独占されてしまっていますので、できるだけニッチかつ得意なジャンルから攻めるべきでしょう。

また、ジャンルがニッチでなくても、商品の探し方などで大手通販サイトにはできない手法を取り入れることなどで差別化が可能です。

例えば
・雑貨や服飾を色から探すことに特化したサイト
・アニマル柄やドクロ商品のみを集めたサイト
・PC部品の販売と、組み立てのノウハウを記載したサイト
・ハンドメイド商品の展開
・名入れに特化した通販サイト
・販売者が使用したことのあるおすすめ商品のみ展開するサイト

など、あると便利だけど意外と無いというものを取り入れた個人通販サイトは成功例が多数あります。

まずは自分の得意ジャンル、好きなジャンル、需要があるが共有が追いついていないジャンルなどを考えて
独自の手法を取り入れてみましょう。

通販サイト立ち上げ・運営サービスを利用する。

副業レベルで完全に1から通販サイトを立ち上げるということは限りなく不可能に近いです。
そんな方のために、簡単に通販サイトの立ち上げが可能且つ、オリジナル性も取り入れられるサービスを利用しましょう。

★初心者向けネットショップは「カラーミーショップ」



初心者での通販サイト立ち上げに最適なのはGMOペパボ株式会社が運営するカラーミーショップです。

カラーミーショップのメリット
・リーズナブルな料金体制
通販に必要な機能は一通り揃っているにもかかわらず、月額900円からショップの立ち上げが可能です。
コストパフォーマンス面では頭ひとつ抜けています。

・カスタマイズ自由
無料のカートサービスにありがちなテンプレートが完全に固定されているといったことはまったくなく
デザイン面はかなりのオリジナル性が出せます。

・マニュアル充実
初心者向けであることから、操作方法等のマニュアルが充実しており、初めての方でも問題なく立ち上げることができます。

カラーミーショップのデメリット
・規模が大きくなったときに不自由な面が出てくる
やはり初心者向け、小規模サイト向けのため、1日の受注件数が100件を越えてくるような通販サイトには向きません。
本来大規模ショップでは自動連携や一括処理といったものの自由度が低いです。

★小規模から大規模ショップまで「メイクショップ」



MakeShop(メイクショップ)はGMOメイクショップ株式会社が運営するネットショップ構築サービスです。
メイクショップでは個人通販から大企業の通販サイトまで運営されており、通販サイトを今後メイン事業にしたいと考えている方には最適のサービスです。

メイクショップのメリット
・圧倒的機能数
ASP型の通販構築サービスでは圧倒的な機能数を誇ります。
思いつく機能は全て網羅しているといっても過言ではありません。

・デザインテンプレートが豊富
1からデザインをくみ上げることが難しい人のために、様々なデザインテンプレートが用意されています。
テンプレートを使いつつ独自性を出していくことで、綺麗なオリジナルショップの構築が可能です。

・カスタマーサポート充実
管理人もメイクショップを利用して通販サイトを立ち上げた際に感じた部分となりますが、とにかくカスタマーサポートが充実しています。
マニュアルを読んでもわからないことは、直接問い合わせることですぐに解決できます。

メイクショップのデメリット
・料金が少し高め
これはデメリットではないのですが、カラーミーショップと比べた場合には少し高めの料金設定となっております。
ただし、コストパフォーマンスという意味で言えば機能面に対しては安い料金ではあります。
最初の導入では少し敷居が高いですが、いろいろなことをやりたければ思い切ってプレミアムプランを契約することをお勧めします。

ネットショップ構築サービスは上記2サイトが圧倒的に利用されています。
上記サイトどちらからで運営すれば大きな不満は出ないと言えます。

商品の仕入れが可能な「NETSEA」を利用する

ネットショップのイメージ・構築サービスが決まっても、肝心の商品が手元に無いことにはサイトの公開ができません。
独自の仕入れルートやハンドメイド品のみを取り扱う場合は不要ですが、市場にある商品を卸し価格で手に入れることは簡単ではありません。

それを実現できるのが「NETSEA」

です。
もともとは株式会社ディー・エヌ・エーの運営する「DeNA BtoB market」でした。

BtoBというのは企業間取引「Business-to-business」の略語です。
つまり、ビジネス目的で販売されているものをビジネス目的で購入するということです。

NETSEAでは、一般には公開されていない卸し価格で個人通販運営者が商品を購入することができます。

NETSEAは個人が利用できるBtoBサイトでは最大の品揃えを誇ります。

中には商品を展開するだけで爆売れするような人気商材も眠っており、またドロップシッピングにも対応している卸し業者も多数存在するため
個人ネットショップを立ち上げるにはここに登録しないと始まらないというくらいです。

どれくらいの収益を見込めるか

商品を仕入れて売るということは、原価と売価の差額が利益になるということです。
商品カテゴリによって大きく利益は異なりますが、利益率の高い商材で60%程、低い商材で20%程の利益が見込めます。

つまり、1,000円で商品を販売した際に、200円から600円の利益を上げることが可能です。

初心者が1から立ち上げた場合、最初の受注までに時間を要しますが、副業の範囲内で安定的に月間20万円以上の利益を出すことは可能です。

それを越えてくると、お問い合わせ業務、配送業務ともに本業に負担がかかってきますので、物流やカスタマーサポートを外部委託しましょう。

外部委託すると、副業であっても大きな利益を得る事が可能です。

個人で月商300万円以上という通販サイトはいくらでも溢れ返っています。

将来的に本業にもしやすいジャンルなので、本気の脱サラを目指すにはネットショップ立ち上げ・運営が一番向いています。