転売の中では成功率の高い古着の転売

古着転売

本の転売でなかなかうまくいかないなと思っている転売ヤーの皆さま、朗報です。
本の転売よりも圧倒的に稼ぎやすい転売が存在します。
それは古着の転売です。

特に冬場は古着の転売のベストシーズンですので、参入してみてはいかがでしょうか?

ここでは、古着の転売を成功させる方法を惜しみなくお教えします。

転売媒体

利用する古着の転売媒体は2つ。

ヤフオク!フリルです。
ヤフオク!はいわずと知れた日本最大のオークションサイトです。
ヤフオクの出品方法については別記事の「初心者でもイチからわかるヤフオクへの出品方法!」を参照ください。

フリルは、スマホのフリマアプリです。
ヤフオクより利用者も少ないので、初めて名前を聞いたという方もいらっしゃるかもしれません。

ヤフオクより利用者は少ないのですが、アパレルに非常に特化している為利用します。

利用媒体はこの2つで必要十分です。

これ以上を使う必要は一切ありませんし、どちらか一つだけでは足りません。

仕入れ先はどこか?

仕入れ先は古着屋です。
一般の古着屋なので、特別にバイヤーとのコネなどはなくて大丈夫です。
自宅から近い範囲にある古着屋を洗い出してみましょう。

できれば、THE古着屋といった雰囲気のお店よりも、ファミリー層向けの大型店(リサイクルショップ)のようなところがいいかもしれません。

そういった店舗のお得な割引日などをしっかり押さえておくことも重要です。

何を仕入れるか?

古着の転売には、多少の古着についての知識がないといけません。
最低限、有名ブランドのどんな商品がいくらで売れるというのは把握しておく必要があります。
ただ、古着は奥が深くブランドを把握しただけでは知識としては足りませんが、それは実践で掴んでいきましょう。

以下のような本を読んで、古着の知識を付けることも重要です。

ここではブランドと仕入れ金額についてのノウハウを少し公開します。

Gジャン

リーバイス、Lee、エドウィンなどのブランドGジャンは3,000円以上の値が付くことがほとんどです。
ですが、古着屋では1,000円前後で売られていることも珍しくありません。
ブランドGジャンは1,000円で”買い”です。

チャンピオンスウェット

古着のスウェットといえばチャンピオンです。
チャンピオンのスウェットは古着市場でも常に人気です。
ですが、数も多く出回っており安い値段を付ける古着屋も多いです。

デザインが良ければ4,000円以上の値段が付きます。
カレッジロゴと呼ばれるタイプのロゴで1,000円前後のものがあれば”買い”でしょう。

ロング丈のコート

冬場はコートが売れます。
特に丈の長いコートであれば、ノーブランドでも4,000円前後の値段が付きます。
1,000円前後のコートはねらい目です。

成功する転売の鉄則

転売の鉄則は「安く仕入れて高く売る」ですが、それだけでは成功するとは限りません。
重要なのは「安く仕入れて”早く”高く売る」ということです。
仕入れた商品はなるべく早く売り切る必要があります。

やはり商売においては在庫が最大の敵です。

多少利益を削っても早く在庫を現金化するべきなのです。

そこで、仕入れた商品をどう処理するかなのですが、最初に上げた転売媒体に秘密があります。

成功する転売は

ヤフオクとフリルに同時に出品するというところにあります。

在庫を一切気にしないのであれば、フリルだけで問題ありません。
フリルはオークションではないので、自分の納得のいく値段だけで売ることができます。
利益を最大化できる値段設定をすればいいのです。

ですが、実際にはそう簡単にはいかず、やはり高いと売れないので絶妙な価格設定が求められます。
この絶妙な価格設定は1発ではなかなかたどり着けず、値付けをなんどもし直してやっと売れるという感じです。

なのでフリルだけでやっていると、仕入れから2か月たってやっと売れたなんてことも珍しくありません。

全ての商品が販売まで2か月かかっていたら商売が成り立ちません。リスクが高すぎます。

そこで同時にヤフオクに出品することで、早く売れるという部分を大きくカバーするのです。

ヤフオクとフリルは客層がまったく違います。

なので、フリルでまったくイイネが付かなかった商品が、ヤフオクでは出品と同時にウォッチリストに入りまくるという現象も珍しくありません。

また、その差は非常に判別が難しく、例えば裏原系ブランドでもメジャーなものはフリルの方が売れやすいですが、コアなブランドは圧倒的にヤフオクが売れやすいです。

各ジャンルごとに違いがありますので、それを判別して出品し分けるというよりは、全商品を両方に出してしまった方が手っ取り早いわけです。

写真にこだわる

古着転売の肝中の肝となってくるのは商品画像です。
同じ商品であっても、画像にこだわったものと、適当に撮ったものでは売れるスピードにも金額にも大きな違いが出てきます。

いい写真をい使えばそれだけ高く、早く売れるので写真にはこだわりましょう。

具体的にいい写真とはどんなものか?
最低限抑えるポイントを上げます。

1.背景が綺麗

真っ白背景でもいいですし、何かちょっとおしゃれな模様とかがあってもいいです。
とにかく変な映り込みとかがないようにしましょう。

2.商品が綺麗

一番簡単なのはハンガー掛けで撮ることです。
その際に、袖の角度などを壁にテープで貼り付けて調整したりすると尚良いです。

3.タグを撮る

商品のタグを撮ることで、その商品の価値が高まるような見せ方ができます。
ブランドタグは積極的にタグ撮りして掲載しましょう。

4.着画掲載

着用画像、通称着画は掲載するべきです。
ただし、着画が向かない商品もあります。
トレーナーなどは、ハンガー掛けだけの方が商品が映えたりするので、その辺は見極めましょう。
アウターは着画必須です。

ちなみに、男性物の商品でも女性が着画をアップすることは効果的です。

まとめ

いかがでしたか?
古着の転売はコツをつかんでしまえばすごく楽しいですし簡単です。
週に2回の仕入れで月20万円くらいの利益を出すことは簡単にできます。

自宅周辺にねらい目の古着屋があるかどうかも結構重要な指標になってきますが、そういった古着屋が近くにあるという方はチャンスです。
是非古着の転売をやってみてはいかがでしょうか?

やっているうちに自分自身もお洒落さんになっていけるので結構お勧めです。

スポンサードリンク