時間があれば楽々稼げる「治験」とは?

治験とは?

治験とは治験(ちけん)とは、医薬品もしくは医療機器の製造販売に関して、医薬品医療機器等法上の承認を得るために行われる
臨床試験のことです。元々は、「治療の臨床試験」の略との事。

治験モニターや新薬モニターという呼ばれ方をしており、製薬会社が新薬開発し販売する前の段階で
その薬の臨床試験を行うためにボランティアを募るという形式が多いです。

表面上はボランティア扱いとなりますが、実際には協力費とうい形式で、金銭での報酬が発生し、その特性上
通常のアルバイトの時給などと比較して高額な報酬を受け取ることが可能です。

「臨床試験」や「発売前の新薬」ということで、聞いただけでは不安要素が多いですが
実際には動物実験等はすでに完了しており、また人間に投与しても安全であることの確証が取れている薬が対象となります。
その中でその人の年齢や健康状態によった様々なデータを取るために行われます。

どれくらいの収入が得られるか

こちらの記事で治験でどれくらい稼げるのかを実際に検証しています。
治験がどれくらい稼げるのか実際に検証してみた

会社や内容によって大きく異なります。
期間についても一泊二日で完了するものもあれば、1週間から1ヶ月拘束されるものまで様々です。
平均して一泊二日で2万円前後の報酬が受け取れると考えていいでしょう。
また、期間が長いものであればサラリーマンの月収を超えるようなものまであります。

治験のメリット・デメリット

治験のメリット
・臨床試験に関わる内容の健康診断が無料で受けられる。
・社会貢献できる
・経済的負担は無い

治験のデメリット
・期間中は会社や学校を休まなければいけない。
・食事制限等を守らなければいけない。
・副作用等の心配がある。

治験選びのポイント

現在は治験を募るサイト等が複数あり、治験に誰でも応募しやすくなりました。
ですが、自分に合った期間や内容の募集が常にかかっているわけではありません。
そのため、倍率が高いものも複数あります。

治験は、検査中以外は基本的に待機となるため、病院の中で副業を進めることも可能です。
正に不労所得といえるでしょう。

条件面で自分に合った治験がある場合は即応募することをおすすめします。

基本的に会員登録制のサイトが多いため、情報を見逃さないためにも複数のサイトに登録して
募集状況を常に確認することが望ましいです。

以下に比較的募集の多い治験サイトを紹介します。

特定非営利活動法人ニューイング



株式会社ヒューマンリンク



株式会社パシフィックグローブ



時間のある方は是非高単価の治験に参加してみてください!