Amazonマーケットプレイスの実際の出品を元に出品方法を解説(FBA出荷パターン)

アマゾンFBA

本のせどりを行う上で、Amazonマーケットプレイスでの販売はかかせません。
ここではそのAmazonマーケットプレイスでの出品方法やFBAでの出荷方法を説明していきます。

これを見れば全くの初心者でもFBA出品まで全て行えるようになるはずです。

スポンサードリンク

目次

FBAとは?
Amazonセラーセントラルに登録
商品登録作業
FBA出荷への切り替え
納品手続きを行う
ラベルの貼り付け作業

FBAとは?

FBAとは「フルフィルメント by Amazon」の略です。
Amazonマーケットプレイスには大きく分けて2種類あり、出品者が自ら注文管理や発送処理まで行う「出品者から発送」パターン。
そして出品者は商品登録を行うだけで後はカスタマーサポートや注文管理、商品の発送まで全てAmazonが行ってくれる「FBA」の2パターンです。

中古本の販売媒体としてはAmazonを選択するしかないのですが、発送パターンとしてFBAが自身での出荷を選ぶ必要が出てきます。
どちらを選ぶべきかは自身のせどりスタイルで決めればよいかと思います。

1.本のせどりで月数千円~1万円程度のお小遣いを稼ぎたい

→出品者から発送

2.本のせどりで月数十万円稼ぎたい

→FBA出荷

数十万円を稼ぐせどりは「仕入れ」を本気でやらなくてはいけません。
出品者発送パターンにしていると、受注管理や発送業務に時間を取られる為なかなか仕入れに時間を割けなくなってしまいます。
FBA出荷にしていれば面倒な業務は全てAmazonが代行してくれますし、それにプラスして「プライム」マークが付いた商品として出品できますのでユーザーからの信頼も得られます。

もちろんFBA出荷にすると、それ用の手数料が発生致します。
FBAの手数料は通常の手数料にプラス1商品につき160円前後です。

自身で梱包資材を用意して、発送作業や受注管理にかかる時間まで考えると手数料としては問題ないレベルと金額です。

Amazonセラーセントラルに登録

まず、Amazonセラーセントラルに登録しましょう。
セラーセントラルに登録しないとAmazonでの商品出品はできませんので登録必須です。
Amazonセラーセントラル登録はこちらから↓
Amazonセラーセントラルについて

出品方法の選択

Amazonセラーセントラルに登録する際、2種類の出品方法からどちらかを選択する必要があります。
小口出品と大口出品の2種類です。

小口出品

1点につき100円の基本成約料+販売手数料
Amazon.co.jpにすでに掲載されている商品のみ登録が可能

大口出品

月額4,900円+販売手数料
出品ツールを使って複数の商品を一括登録
Amazon.co.jpに登録されていない商品を新規登録可能

といったような違いがあります。
簡単に言うと、月間50商品以上出品する予定がある場合には大口出品がお得です。
それ以下を予定している場合は小口出品で良いかと思いますが、現在大口出品の3ヶ月無料キャンペーン中なので大口出品を選んでも良いかと思います。

どちらかの出品方法を選択してAmazonセラーセントラルに登録しましょう。

商品登録作業

Amazonセラーセントラルへの商品登録が完了したら商品登録作業の開始です。

商品登録ボタンをクリック

Amazonセラーセントラルのヘッダにある「在庫」の中から「商品登録」をクリックしてください。
01_ヘッダ(在庫)

02_商品登録

出品する商品を検索

出品する予定の商品はほとんどの場合Amazonに販売してある(登録してある)商品だと思います。
Amazonに商品登録してある場合は面倒な商品情報や画像の登録をする必要がなく、販売に関する最低限の情報のみで出品できます。
なので商品登録をクリックするとAmazonで販売されている商品かどうかを検索する画面が開きます。

ここに商品の情報を何かしら入力しましょう。
商品名でも検索可能ですが、キーワードが曖昧だと様々な商品が引っかかってしまうので「JANコード」等と呼ばれる「13桁の数字」を入力するよ良いでしょう。

03_JANコード入力

出品するをクリック

検索した商品がこれから出品する商品に間違いなければ、その横の「出品する」をクリックしましょう。
JANコードで検索していれば基本的に1商品しかヒットしませんが、複数商品ヒットした場合はどれに該当するかをしっかり見極めてください。(初回限定や特典付きなどでも商品が分かれています)

04_出品する

商品情報を登録する

ここから商品情報を入力していきます。
基本的に必須項目のみの入力で問題ありません。

05_商品提供の情報を登録+

出品者SKU

自身で管理する為のIDなどを登録してください。何も入力しないと自動で番号が振られます。

コンディション

中古がメインとなると思いますが中古には状態を表す指標が
・ほぼ新品
・非常に良い
・良い
・可
とあります。
本のコンディションについてのガイドラインはこちらのページを参照してください。
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=1085248

このガイドラインを参照すると
良いの場合でも半分以下のページに書き込みがあって良いということになっており、可の場合は書き込みだらけでも文章が読めれば良いとなっております。
ただし購入者はこのガイドラインを理解していない場合がほとんどですので、できれば状態からワンランク下げたコンディションに設定することをおすすめします。

コンディション説明

コンディション説明に詳しく本の状態を書きましょう。
例:カバーに多少の傷がありますが本文自体は書き込み等無く綺麗な状態です。

販売価格

Amazonで商品を出品する上で非常に重要になってくるのが販売価格の設定です。
Amazonでは同じ商品を複数の出品者が出品しているので、価格の設定次第では他の出品者に売上を取られてしまいます。
おすすめの販売価格の設定は「最低価格」に合わせることです。

FBAでの出荷をする場合には「プライム」の最低価格に合わせると良いでしょう。

最低価格に合わせる理由は2つあります。
1.もちろん同じ条件で1円でも高い商品は選ばれるはずがない
2.最低価格より低く設定すると価格のデフレが起きて痛い目を見る場合がある。

2の理由の詳細ですが、多くの出品者は自身が最低価格を保ちたいと思っています。
なのでその最低価格を下回る値段で出品した場合、他の出品者はその最低価格に合わせてきます。
ここで合わせてくれればまだ良いのですが、対抗心よりそれを下回る価格設定をしてくる場合があります。
そうなったらまた自分の商品の値段を下げざるを得なくなってしまいます。

これが続くのがデフレスパイラルです。

こうならないために最低価格に合わせる事はAmazon出品者の中で暗黙の協定のようになっています。

ポイント

0%でも設定できるはずですが、何かしら数値を入力する必要があります。

出荷方法

画像では下のチェックボックスにチェックが入っていますが、「商品が売れた場合自分で商品を発送する」を選択してください。
先にFBAにチェックをしていると、商品登録後にすぐ納品手続きページへ移行してしまいます。
そのため後からFBAに変更します。

最後に保存して終了を押すと商品登録が完了します。

基本的に複数商品ある場合がほとんどかと思いますので、この作業を繰り返してください。

FBA出荷への切り替え

登録した商品は「出品者発送」状態になっていますので、FBA出荷へ切り替えを行います。
次の手順で一括して変更することができます。

1.

06_在庫管理

2.

07_在庫一覧チェック入れる

3.

08_選択

4.

09_アマゾンから出荷に切り替え

納品手続きを行う

発送切り替え

基本的にはアマゾン出荷に切り替えを行った流れでFBAの納品手続きを行うかと思います。
切り替えを行うと、納品手続きに直接進むことができますので「はい」をクリックしてください。
10_はい続けますを選択

商品内容を確認して「納品手続きに進む」をクリックしてください。
11_納品手続きに進む

数量入力

中古品の出品の場合は基本的に数量は「1」になるかと思われます。
新品などでまとめて同じ商品を数点出品する場合は、その数量を入力してください。
12_数量入力

続けるをクリック
13_続ける

納品手続きの進捗状況は、上部にある進捗バーで確認ができます。
14_進捗

商品ラベルの貼り付け

FBAで出品する場合、アマゾンが指定するバーコードラベルを商品に貼り付ける必要があります。
バーコードはこの手続き中にデータがもらえますが、肝心の印刷用のラベルは自分で用意する必要があります。

※ラベルの貼り付け作業もアマゾンに委任することができますが、手数料が高いため基本的には自分で行うことになると思います。

おすすめのラベル

では、そのラベルは何を使えば良いのか?
それは、こちらです↓

コクヨ プリンタ兼用 ラベルシール 再はくりタイプ 24面 20枚 KPC-HH124-20

とは言っても、この商品を使わなければいけないと決まっているわけではありません。
シール式でバーコードがきちんと印刷されればなんでも問題ありません。

しかし、当サイトでは上記商品を強くお勧めします。
理由は「ちゃんと剥がれる」からです。
特に本などの出品の場合にはラベルを直接貼ることになるので、ちゃんと剥がれるラベルでないと、購入者からの評価などに影響する場合があります。

おすすめのプリンター

自宅で印刷を行わない方は、印刷用のプリンターが無い場合があるかと思います。
プリンターもこの際に買ってしまおうという方には下記商品をお勧めします。

Canon インクジェットプリンタ PIXUS IP2700 文字がキレイ 顔料ブラック+3色染料の4色インク エントリーモデル

お勧めの理由は「とにかく安い!!」からです。
新品で3,000円で購入できるという、超格安プリンターです。
もちろん、上記で紹介したラベルの印刷にも対応しています。

ラベル貼り付け「出品者」を選択

ラベルの貼り付けを自分で行う場合「出品者」を選択してください。
15_商品ラベルの貼り付け

ラベルサイズを選択する。

上で紹介したラベルを使用する場合は「350.0mm×66.0mm」を選択すれば問題なく印字できます。

16_ラベルサイズ選択

ラベルのPDFをそのまま開くか保存して開いてください。
17_ラベルPDF保存する
お勧めラベルとプリンターの組み合わせの場合、「普通紙」での印刷で問題ありません。
18_印刷設定
おすすめプリンターを使用する場合、「綺麗」という設定を選択しましょう。
26_綺麗で印刷

ラベルの貼り付け作業

ここからラベルの貼り付け作業について紹介します。