新着プログラムを攻めてアフィリエイトに勝つ!

A8.netやバリューコマースなどでアフィリエイトプログラムを探すとき、あなたはどんな基準でプログラムを選んでいますか?
無数にあるアフィリエイトプログラムの中から”なんとなく”でプログラムを選択していてはなかなかアフィリエイト収入を得るのは難しいでしょう。
ここでは成功するアフィリエイトのプログラム選びの1つである「新着プログラム狙い」について解説していきます。
スポンサードリンク



なぜ新着プログラムがねらい目か?

1.競合が少ない

アフィリエイトで新着プログラムを狙う理由はいくつかありますが、一番大きな理由は「競合が少ないから」です。
アフィリエイトで売り上げを上げるには、ほとんどの場合SEO対策で検索上位表示を達成する必要があります。
しかし、アフィリエイトプログラムとして存在するものは、たとえ指名キーワード(商品名や会社名、人物名などの固有名詞)であってもSEOの競合性が高い場合が多いです。
通常、アフィリエイトプログラムが無い指名キーワードというのはSEO競合性は低いです。(適当な会社名、人物名などでSEO対策をした記事を書いてみるとわかります。簡単に上位表示できます)

SEOは先行有利です。指名キーワードでしっかりとしたSEO対策をして一度上位表示されてしまえば、後から参加したサイトに抜かされにくいです。
既に競合サイトが成熟しきったキーワードに参入するのは非常に労力がかかるため新着プログラムを狙うことが重要になってきます。

アフィリエイトプログラム選定必須条件

では新着プログラムであれば何でもいいのかと言えば、そういうわけではありません。
アフィリエイトプログラム選定には、新着プログラム且つ下記条件を満たしたサイトを選定しましょう。

1.高単価であること

まず、アフィリエイトプログラムを選定する上で最大の必須条件があります。
それは、成約単価が高いということです。
アフィリエイトプログラムの中には1申し込みで100円などといったプログラムが多数存在しますが、これをメインのアフィリエイトプログラムとして選定してはいけません。
もちろん、サイトの厚みを補完するサブプログラムとしてであれば問題ありませんが、これをメインとしてしまってはまさに薄利多売で稼げないアフィリエイトサイトが出来上がってしまいます。

具体的に高単価とはどれくらいのことを言うのか?
これはプログラムの内容などによっても異なりますが、最低でも1件1,000円以上の報酬を得られるプログラムを選定しましょう。

2.検索需要があること

次に、その商品がネット市場で十分な需要があるかを調べてみましょう。
指名キーワードと言われる固有名詞(商品名や会社名など)での月間検索ボリュームが1,000以上ない商品やサービスはそもそも需要が少ない為売り上げに繋がりにくい傾向にあります。

指名キーワード以外のキーワードからアフィリエイト収益につなげるには高度なSEO対策と洗練されたサイト構成が必要になるので、指名キーワードで検索ボリュームを確認しましょう。

3.SEO競合が少ないこと

最初に述べたように、新着プログラムを選ぶ理由はSEO競合が少ないからです。
しかし、新着プログラムであるからと言って=競合が少ないとは言い切れません。
必ず、実際の検索結果やグーグルアドワーズを使用して競合の確認をしておきましょう。
競合が多いのであれば、その新着プログラムにメリットはありません。
むしろ運営実績の長いプログラムを選んだ方がよくなるでしょう。

まとめ

ここで上げたプログラム選びの方法は「ペラアフィリエイトサイト」をやるときに非常に効果的です。
ペラサイトはどうしてもSEO的な評価を受けにくい傾向にありますが、サイト制作のスピードから見ると非常に有効な方法です。
稼いでいるアフィリエイターはペラサイトを毎日量産しています。
ペラサイトを作る際のプログラム選びの一つの基準として、新着プログラム狙いを取り入れてみてはいかがでしょうか?