治験ってどれくらい稼げるの?

治験
時間があれば楽々稼げる「治験」とは?でも記載の治験に実際応募して、どれくらい稼げるのかを確認してみました。

スポンサードリンク

検証理由

なぜどのくらい稼げるのかを確認する必要があるのか?
それは、表面上はいくら稼げるかがわからないからです。

治験サイトで募集されている治験のリストを見ても「一定の負担軽減費をお支払い致します。」「一定の協力費をお支払い致します。」と書かれているだけで、実際にいくらの謝礼がもらえるかが不明瞭です。

これは応募してみないとわからないのですが、初めて治験に応募する場合、相場も知らないで応募して失望するなんてことがないようにしたいですね。

そもそも、応募してしまうと次のステップは治験会社から電話が掛かってきて詳細の条件を詰めていくということになるので、金額が納得いかないからと言って断りづらい雰囲気になってしまいます。

なので、治験でどれくらい稼げるか。どれくらいの相場の謝礼が支払われるかは事前に知っておく必要があるということです。

検証環境

■応募に使用した治験サイトはこちら↓




ニューイング

ニューイングは超大手の治験募集サイトですね。

おそらく治験をやっている人の大半はここを利用しているでしょう。

圧倒的な募集量なので、どんな人にも最適な治験が存在します。

■応募した治験内容

参加条件
・20歳以上の日本人男性または女性
・スギ花粉飛散時期(2〜4月)にくしゃみ、鼻水、鼻づまり等の症状が
今年も去年も出た方
・健康保険証をお持ちの方
・4ヶ月以内に臨床試験に参加していない方
※その他条件有

スケジュール

〔事前検査〕
◎1回
〔通院〕
◇約4ヶ月の間に4回程度

という内容です。

応募後の流れ

管理人は実際に花粉症の症状が毎年出ているので、上記治験に応募しました。
応募はWEBフォームから行うだけなのですごく簡単です。

そして、応募後の流れは下記通り。
1.ニューイングから確認の電話が掛かってくる(管理人は翌日にかかってきました)
2.電話で詳細条件を聞く
3.電話で質問に答える
4.参加確定

まず、治験会社からの電話を待つ形となります。
応募者数などによっては応募から電話が掛かってくるまでに時間がかかる人もいるようです。

そして、電話がかかってきたら電話で詳細の条件を教えてくれます。
今回の場合
・場所が新宿区の○○駅の病院であること
・事前検査で通ったら通院に進めること
・事前検査は30分程度
・通院での検査時間は一回2時間程度
・貼薬と飲み薬を試すということ
などを教えてくれました。

そして謝礼金額の発表!

さあ、そして条件を聞いている時に実際の謝礼金額を聞くことができました。

今回の謝礼の内容は
事前検査で2,000円
その後の通院は1回で15,000円

とのことでした。

つまり、5回全部で62,000円の謝礼金額になるとのこと!

意外に高くて驚きました。

1回の通院あたり12,400円の謝礼が出るということになります。
交通費などは支給されないですが、差し引いても一回あたり1万円以上は儲かることになります。

実際にかかる時間を考えるとすごく割のいい仕事ですよね。

治験で気を付けること

治験ってすごく良いお金儲けだなと思ったところで、いくつか問題点を挙げます。

1.応募したら絶対参加できるわけではない

実際に今回管理人は治験に参加することができませんでした。
それはなぜかというと、電話がかかってきてからいくつかの質問事項に答えていると、その中の回答の一つが治験参加資格を満たしていなかったからです。
応募の段階ではわからなかった細かい内容です。

2.同時にいくつもの治験に参加できない

ほとんどの治験は「飲み薬」の治験です。
というか、飲み薬系が謝礼が高いです。
ですが、この飲み薬系の治験は、同時にいくつも参加できないという決まりがあります。

今回の花粉の治験の場合は通院で4か月にわたる検査なので、その間は他の治験に参加できないのです。
つまり、通院系の治験を本業として、毎月何十万とお金を稼ぐことは実質不可能だということです。

まとめ

今回、実際の謝礼金額を目の当たりにして「いやあ、医療業界って景気がいいですね。」と思いました。
わずか数時間で1万円以上の儲けとは、かなり高給取りのサラリーマンでも難しいです。

それだけ危険が伴うことなのかというとそういうわけではなく、ほぼ完全に安全なので時間のある人からしたらもっとも効率のいいお金の稼ぎ方になるなと思いました。

はっきり言って、治験は一番簡単で一番稼げるという究極の副業かもしれません。
是非やってみてはいかがでしょうか。

治験のニューイングは下記リンクからどうぞ↓


スポンサードリンク