貯金ができる賢い節約術

ネットで副収入が得られるまでの間、貯金や節約ができないといけません。
副収入源ができて稼げるようになったとしても、無駄の無いお金の活用・節約術こそがネットビジネスでの成功の道でもあります。

テレビなどで見る何十億という資産を持っている資産家は皆揃って倹約家なのは有名なはなしでしょう。
ムダを省いて必要なことだけをやるということがビジネスにも大きく繋がるのでしょう。

スポンサードリンク



様々な節約術

本来、ことさら意識せずにできることが本当に意味のある節約なのすが、ここでは意識すれば誰でもできる節約術を紹介していきます。
まずは意識して節約をしていき、それを身体に染み付かせましょう。

光熱費の節約生活

水圧調整で節約

水道の水圧を調整すれば何も意識せずとも節約になります。
メインバルブの水圧を下げることで節約が可能になります。
”通常メインバルブは、「水道メーターボックス」の中かその付近にあります。これを適度に閉めることで家中の水圧が弱くすることができます。「水道メーターボックス」には、「止水栓」「量水器」等と表記されています。”

節水シャワーで節約

節水を目的として作られたシャワーヘッドに付け替えることで自然と節水が可能です。
”手元でオン⇔オフ出来るものを使うと、頭や体を洗っている間だけ簡単に止水できるので、大きな節水効果があります。”

中火で節約

”ガスコンロは、中火を使うと最も効率よく調理することができます。 強火にする必要のない料理は(煮込みなど)、基本的に中火で調理するようにしてみましょう。 弱火で煮込むぐらいなら、一度火を切って余熱で煮込んでもあまり変わりません。 ”

ステンレス鍋で節約

ステンレス鍋は保温力があります。
調理後の保温はもちろんのこと、途中で火を止めて余熱で煮込むというような使い方をするとガス代の大きな節約になるでしょう。

節電タップで節約

今は結構主流になってきた、個別にスイッチが付いているタイプの節電タップ。
これを使うことで主電源を落とすというめんどくさい行為が一箇所で出来るようになります。
使っていないものは待機電力消費を無くす為に節電タップで主電源から落とすようにしましょう。

フィルター掃除で節約

エアコンの一番簡単且つ効果のある節約は「こまめなフィルター掃除」です。
冷房で温度を一度下げるよりも週に1回フィルター掃除をするほうが節約になります。
温度設定と併せてフィルター掃除を心がけるようにすると、電気代が目に見えて減ります。エアコンは消費電力が大きい為効果も高い方法です。

食費の節約生活

スーパーのお惣菜で節約

一人暮らしに重宝するのがスーパーのお惣菜です。
実はこのお惣菜は一人暮らしの人には以外にお得だったりするのです。
素材をそのまま購入しても消費しきれない一人暮らしの場合、バランスの取れたスーパーのお惣菜のほうが節約になる可能性が高く、またタイムセールの時間を常に狙い「20%オフ」以上で購入するようにしていれば食費は大きく節約できます。

業務スーパーの冷凍品で節約

近くに業務用スーパーがある場合は是非利用してみましょう。
大量買いが基本となりますが、コストパフォーマンスに優れた商品が沢山あります。
ただし、一人暮らしの場合は賞味期限の長い「冷凍食品」が基本となります。

日用品の節約生活

ジップロックで節約

食費を浮かす為には自炊が一番です。
しかも、一度に大量に作ってしまった方が節約になります。
しかし一人暮らしでは大量に作ると廃棄になってしまう可能性が高い為なかなか大量に作ることができません。
ジップロックのフリーザーパックがあれば簡単に食品の冷凍が可能な為是非利用してみましょう。

台所洗剤を薄めて節約

台所洗剤は普通の人は常に「つけすぎ」状態で食器を洗っています。
使う量を意識して一度に2滴程度を目安としましょう。
それでも十分にあわ立ちますし、泡の威力が落ちたらまた2滴追加すればいいだけです。
人によっては消費ペースが3分の1以下になる場合もあります。

乾電池を使い分けて節約

”乾電池には「マンガン電池」と「アルカリ電池」という2つの種類があり、それぞれに特徴があります。用途によって使い分けましょう!

マンガン電池
連続使用しない製品、強い電力を必要としない製品に向いています。
「リモコン」「懐中電灯」「ストーブ(着火用)」「ガスコンロ(着火用)」

アルカリ電池
強い電力で連続使用する製品に向いています。
「携帯プレーヤー」「携帯ゲーム機」「ラジコン」”


この記事は下記サイトより記事を引用しております。
暮らしの節約生活マニュアル

まとめ

いかがでしたか?ここで紹介している節約術は誰にでも意識せずに簡単にできるものが多いです。
さらに意識して節約を行うことによって月間数万円という金額を浮かすこともできる節約術を実践してみてください。

スポンサードリンク