今回は買おうかな

オータムジャンボ宝くじ史上最高額

1等・前後賞合わせて5億円!

『オータムジャンボ宝くじ』

(新市町村振興 第685回全国自治宝くじ)

◎ 特別賞「宝くじ70周年賞」70万円×1,300本!

9月28日 月曜日から枚数限定で全国一斉発売!!

ですって。
今回は全国で最大13人の5億円ゲッターが出るらしいです。
しかも70万円は1,300本もあるとのこと。
単純に計算すると1都道府県あたり27人は70万円を手にすると、、、考えると少ないですね。
70万円だったら1都道府県あたり100人くらいは当たってほしいイメージです。

ちなみに2等の10,000,000円は52本ということで1都道府県あたり1人は当たるというイメージ(超単純計算)
1都道府県で一番ラッキーな人間になれれば1千万円は夢じゃないということですね。

よし、5億円を狙いつつ1千万円当たればいいなーという気持ちで今回は運気を高めていこうと思います。

とりあえず大安でしょう

いつが良いかというのは詳しくはわかりませんがとりあえず大安を選べばよいでしょう。
発売期間が
2015年(平成27年)9月28日 月曜日~2015年(平成27年)10月16日 金曜日
とのことなので、その中で大安に当てはまるのは
9/28(月)、10/4(日)、10/10(土)、10/15(木)
の4日です。

金運は西から

高額当選者のインタビューとかを見ていると、金運は西からというのはみんな口をそろえて言っています。
風水的なやつですね。
どうやら自宅を基準にすればよいみたいなので、自宅より西にある宝くじ売り場を選ぶといいということでしょう。

いくら買おう

いくら分買うかというところが悩みどころです。
素に帰るとやっぱり確率なんだからできるだけ沢山買ったほうが当たるじゃんと思ってしまいますが、結局宝くじなんて一般市民が出せる金額では確率なんて大して変わらないくらい天文学的確率なんですよね。

テレビに出るような高額当選者は意外と購入金額少ないですし。

でも、その人たちはすごーく運気を高める努力をして、研究をしているのでそれで当たるかもしれませんが、そこまで気合を入れた運気の高め方を実践していない私としては多少その人たちよりアドバンテージを取る為に購入金額で勝負するしかないんですよね。

連番かバラか

まずバラで買ってしまうと前後賞が取れなくなってしまいますよね。
最高で3億円になってしまう。まあそれでも十分ですけど。
ただ、バラの買い方でも特殊な買い方もあるらしいです。

バラの特殊な買い方では『縦バラ』があります。例えばその中の『1000バラ』は、番号の下3ケタが000~999番になる1000枚を買うことを指します。これにより、下3ケタの数字で当たる等級は確実にものにすることができます。

引用元:http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/report/?id=20130729-00031238-r25

◆縦バラとは?

30枚分9,000円を用意します。
これで「10枚バラのセットを3セット」買うわけですが、その際各セットを全部ばらすと「連番3枚セットが10組」揃うような買い方です。
例を挙げます。簡単な数字にします
●1つめの10枚バラ
99組の101、80組の2、31組の13、71組の19、92組の37、87組の47、29組の38、64組の72、81組の91、23組の90
●2つめの10枚バラ
99組の102、80組の3、31組の14、71組の20、92組の38、87組の48、29組の39、64組の73、81組の92、23組の91
●3つめの10枚バラ
99組の103、80組の4、31組の15、71組の21、92組の39、87組の49、29組の40、64組の74、81組の93、23組の92
横列でみるとバラバラですが、縦列で見ると同じ組の連番になっているという不思議・・・
これで前後賞も逃しません!

引用元:http://afgt.net/blog/archives/25299

なるほど。
縦バラという買い方をすればバラでも前後賞を狙えるということなんですね。
しかし1等だけを取りに行きたいと考えたら、同じ9,000円でも縦バラより完全なバラで買ったほうがなんとなく確率が高そう?な気もします。(確率的には同じでしょうけど)

ということで

とりあえず今回のオータムジャンボは買います!
けど、いつ買うかというのといくら買うかというのが現時点では決められません。
とは言っても金額はマックス1万円だろうなと思っています。

もうちょっとリサーチして当たる運気を高めていきます。

スポンサードリンク