平均415万円らしい

民間給与、2年連続増加=14年分、平均415万円―国税庁

民間企業に勤める人が2014年の1年間に受け取った給与の平均は415万円で、2年続けて増加したことが30日、国税庁の民間給与実態統計調査で分かった。
前年に比べ1万4000円増えたが、ピーク時の1997年より52万3000円少なくなった。
1年通じて勤めた給与所得者数は4756万3000人(前年比110万9000人増)で過去最多となった。国税庁は緩やかな景気回復を背景に働く人が増え、給与水準も上がったとみている。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150930-00000127-jij-pol

民間の平均給与は415万円で2年連続増らしいです。

スポンサードリンク



企業に勤めていては限界がある

会社勤めで上を目指しても、社長にでもならない限りは得られる収入に限界があると思います。
少なくとも私のような”高卒”兼”資格ゼロ”では限界値も低いですよね。

会社の規模にもよりますが、年収1,000万までいけるサラリーマンは一つまみしかいないのではないでしょうか?
馬車馬のように気合入れて働いて、運も味方しても2,000万円くらいが限界ラインな気がします。

その点個人で行うネットビジネスには限界がない(と思う)のでいいなと思います。
限界が無いというと嘘になりますが、不労所得要素の強いネットビジネスに特化して極めれば限界はほぼないでしょう。

少なくとも上で上げたサラリーマンの限界は超えることができます。

ネットビジネスの収入難易度

なんとなくネットビジネスの収入難易度的なものを考えてみました。

超簡単:月収1,000円
ポイントサイトやアンケートサイトの利用だけで簡単に達成できます。
誰でも達成できる額です。

簡単:月収5,000円

この辺まではポイントサイトやアンケートサイトのフル活用で難なく達成できるでしょう。
ただ、ブログなどでアクセスを集めてDSP広告などで収益を得るスタイルの場合には5,000円も結構大変だと思います。

普通:月収1万円
ポイントサイトなどではなかなか簡単には達成できないラインになります。
1万円を簡単に稼ぐとしたら、A8などのASPでペラサイトを量産するのが一番早いかと思います。
ブログの場合だと月間10万PVくらい確保できれば達成できます。

ちょっと難しい:月収:5~10万円
これもペラサイトを量産していけばなんとか達成できる額だと思います。

—副業副収入としての可能ライン—

難しい:月収30万円
サラリーマンの月収と同じくらいの収入をネットビジネスで稼ぐには、それなりの労力が発生します。
よっぽど効率の良い方法で無い限り、副業副収入では難しい金額かもしれません。

かなり難しい:月収50万円
サラリーマンの月収を超える額です。
そう簡単には達成できません。
ペラサイトの量産というよりは、稼ぎ頭となるアフィサイトが必要でしょう。

達人:月収100万円
限られた人間しか達成できない収入です。
頑張って会社で働きまくっているサラリーマンのほとんどを抜き去る収入です。
ネットビジネスを極め抜けば無理な額ではありません。

仙人:月収300万円
良いとされていることをまじめにしっかりこなして、ずっとやり続ければ達人の100万円は”やった人は達成できる”ものですが、月収300万円ともなると”カリスマ性”や”運”も必要になってくると思います。

異次元:月収1,000万円

ここを達成するために何をやればいいのか?というのは正直わかりません。
でもこれだけ稼いでいるアフィリエイターがいるのも事実です。
年収にして1億越えとなります。

最初は大変

やっぱり企業勤めで良いのは最初から収入が安定していることですよね。
ネットビジネスは最終的に莫大な利益を出せるとしても、最初が大変です。
だからなかなか成功を収めるひともいないし、脱サラともなるとそんな決心できる人はもっと少ないというわけですね。

スポンサードリンク