脱サラして感じるメリットデメリット

スポンサードリンク



脱サラして良かったと思うこと

時間が有効に使えるようになった

まずはなんと言ってもコレですね。
サラリーマン時代はネット副収入の為に23時帰宅後から数時間作業に費やしていて休む暇無しの生活をしていましたが、脱サラして全部アフィリエイトに時間を費やすことができるようになりました。
とにかく朝が弱かった私は、サラリーマン時代の7時半起き生活を辞めて9時起き生活にしていますが、始業時間は会社と同じ10時始業とすることができています。
やはり1時間半の通勤時間がなくなっただけで無駄な時間が減るので自ずと効率的な生活になります。

節約できるようになった

意外な副産物でしょうか。
サラリーマン時代、上司が毎日外食なので私も基本的にそれについていくようにしていましたが、一日の昼食代が1,000円前後。それに合わせて水を大量に買って飲んでいました。
プラス、夕食も外食のため1日の食費は平気で2,000円を越えていました。

家で仕事をするようになってからは自炊を基本として1ヶ月の食費を決めて生活しているので、かなりの節約ができるようになりました。
水も水道水でいいですし。
サラリーマン時代と比べて1ヶ月の食費等が45,000円くらい節約できています。(サラリーマン時代に無駄遣いしすぎですけどね)

急な用事に対応できるようになった

公休日を自分の意思でいつでも(なんなら当日にでも)決めれるというメリットです。
急な用事ができたときや、どうしても体調が優れないときなど会社勤めのときはどうしても取りづらかった休みが簡単に取れるメリットがあります。

混まない日に外出できる

休みを取ってどこかに出かけたいというときに、土日祝日を外して平日などに出かけることができます。
混んでると疲れますからね。できるだけ平日に出かけるようにしています。

ペットの面倒をしっかり見れるようになった

完全にアフィリエイトとは無関係ですが、猫とウサギを飼っている身としては、サラリーマン時代よりもペットに愛情を注げる時間が増えたのは良かったと思っています。

脱サラして感じるデメリット

時間にルーズになりがち

メリットと隣り合わせにある問題です。
遅刻しようが、休憩を長くとろうが、急に休もうが誰も注意してくれません。
これは意思の弱い人間だと堕落した生活になってしまいます。
正直なところ私も始業は10時と決めていても11時始業になったり12時始業になったりしてしまっていますし、昼間に面白いテレビがあったら手を止めて見嵌ったりしています。
これはできるだけ正さなければいけないですね。

情報に疎くなる

もともと大手企業のWEB関連部署にいたので、様々な業者との付き合いや営業、セミナーの参加などで常に最新情報と触れ合うことができていました。
しかし個人でやっているとどうしても最新の情報が入ってきづらくなります。
自分からしっかり動いて情報を取っていくようにしなければいけなくなります。
これが結構大変だしめんどくさいです。

経理関係のめんどくささ

アフィリエイトで稼いでいる場合には必ず納税を行わなければいけません。
税理士を雇えるくらい大もうけしている場合には、税理士丸投げというのもアリかもしれませんが、基本的に自分でやるべきものです。
仕事に少しでも関係している出費はしっかりと帳簿をつけて、レシートを取っておいて・・・などなど結構めんどくさいです。
会社勤めのありがたさを感じる部分ですね。

まあ脱サラしてよかった

結論、脱サラしたのは失敗ではないと思っています。
やはり勤めながらこの作業量は絶対に確保できなかったのでいつまで経っても副収入の域を超えることができなかったと思います。

生活できるほどではないがある程度の副収入を確保できているというレベルのアフィリエイターには思い切って脱サラすることをおすすめしますね。
ストレスからも開放される(稼げるまではお金のストレスは付きまとう)ので、健康面も私はすこぶる快調です。

スポンサードリンク