集客力って大事

こんにちは。
私が主に本のせどりで使っているAmazonマーケットプレイス。
そこに出品している本の売上で面白いものがありましたので報告します。

スポンサードリンク



こんな価格設定で売れた!

今回売れた商品は「本」です。
その何が面白いかというと、価格設定です。

私は全てFBAで出品している為、プライムマークが付く出品になっており、基本的に最初は「プライム最安値」にあわせて出品するようにしています。

今回売れた本は中古で状態は「良」

その価格が下記のような内容です。

新品(プライム):1,750円
中古最安値:1,000円
プライム最安値:1,500円

このプライム最安値の1,500円は私の出品です。

新品の商品と250円しか差が無く、また中古最安値とは500円も差があるにもかかわらず私の出品商品が購入されました。

つまりこれを購入した人は「中古でも100円でも安い方が良いがプライムであってほしい」という考えの方ということになるでしょう。

この売上を見て、やっぱAmazonの集客力はすごいなと実感致しました。

普通のECサイトではこんな考えを持つ人が月に何人訪れるかわかりませんが、Amazonでは毎日大量にこの考えの人が訪れるということでしょう。
こうなってくると中古品の販売はAmazonFBAを利用するのが一番安定と言わざるを得ません。

アパレルやブランド品、その他Amazonでは売りづらいものを除いてほとんどの場合FBAでの販売が良いのではないでしょうか。

FBA値段設定をする際、中古最安値とプライム中古最安値で結構差がある場合でもまずはプライム最安値に合わせてみてください。
私自身、あまりプライムに価値を見出すほうの人間ではなく、なおかつ200円程度の差であれば新品を選ぶので今回のような買い物をする人をあまり理解できませんが、Amazon利用者にはその考えの人がいるんです。
というかAmazonが「プライム」というブランド価値を高めて、そのようなユーザーを育ててきたともいえると思います。
FBAで出品すれば、このAmazonが作り上げたブランドに全くの初心者が便乗できるわけですから使わない手はありませんね。

スポンサードリンク